大阪の美容整形で小顔になる

美容整形は魔法ではありません

小顔整形とは

小顔をはじめとする輪郭の悩みを解消するための手術方法の案内。手術料金、良くある質問など。適正価格で納得の医療が東京、大阪で受けられる美容整形の案内。人気の小顔になるための輪郭手術のほか、小顔治療に関連する施術について詳しくご紹介します。

小顔整形とは

メイクや髪型では隠せない顔の大きさの悩みも、現在の美容外科の治療では解消することが可能です。お顔の印象を左右する輪郭の重要な部分として、エラ部分、アゴ、頬、こめかみなどがあります。注入による治療もありますし、根本的に治す場合は手術による治療がより効果的と言えます。多くの女性が憧れる「小顔」。ホホ骨や張り出したエラをスッキリさせる治療を行えば、憧れの美人顔になることができます。

しかし、小顔をつくりだす輪郭手術は、高度な技術を持った医師でなければできません。術後の綺麗なラインを出すには、十分な経験が必要です。この治療は、不明点があるようですと、納得のいく結果が得られません。費用のかかる手術ですから、じっくりとカウンセリングを受けて下さい。

詳細はこちら

エラの手術で小顔を実現

お顔の下顎角(エラ)が四角に張っている状態を解消して、理想のフェイスラインにするには、口腔内から下顎角を削り余分な骨部分を取り除く治療が必要です。エラ治療の手術を行えば、正面からも側面から見ても美しいフェイスラインを作り上げます。

ただし、骨切りだけを行うと、患者様によってはホホの弛みがでることがあります。そうなると、不必要なたるみが生じてしまいます。最近はフェイスリフトの切開創から骨切りおよび咬筋除去を行い、同時にリフトを行うことが多くなっています。手術跡を気にする方も多くいらっしゃいますが、手術は口の中や髪の毛で隠せる範囲で行うので目立つようなことはありません。手術後、側面からのみでなく正面からも、はっきりとした「小顔効果」があります。

詳細はこちら

顔のイメージを変えるアゴの手術

アゴを少し出すことによって、お顔全体の印象が引き締まります。その治療として簡単な方法は、ヒアルロン酸を注入し形を整える方法がありますが、半年から1年で分解・吸収されるので効果を保つためには定期的な注入が必要です。
永久的な効果を得るためには、プロテーゼ挿入がもっともいい治療方法となります。症状によって希望の形を確認し、プロテーゼを挿入しますので、傷跡の心配が全くないのも利点といえるでしょう。

アゴが長かったり、太かったりする場合には、アゴの骨を切ったり、削ったりする必要があります。骨を短くするとオトガイ筋のダブツキがでてしまいますので、筋肉の処理をすることがもっとも重要です。筋肉の余りがかなりのものになると、二十顎になってしまいます。その場合は、顎の下の皮膚切除し、広頚筋の処理が必要になります。

丸い顔のイメージを変えるには、あごを少し出すことをおすすめします。そうすることで、横顔のラインもシャープになり、若返った印象も得られます。

日本美容外科医師会認定医療機関

copyright (c) ゴールドマンクリニック All rights reseaved.